「能面と能装束ーみる・しる・くらべるー」展

IMG_0839三井記念美術館で開催中の「能面と能装束ーみる・
しる・くらべるー」展へ行って来ました。

三井記念美術館が所蔵する能面(旧金剛宗家伝来
能面)の展示。

一部の面は、裏側まで、360度観られる方法で展示されています。

その裏側から、作者や制作時代の他にも沢山の情報を知る事が出来るのも興味深いのですが、何より面のまわりをぐるっとまわりながら、あらゆる角度から面を観られるので、ひとつの面が角度によって、さまざまな違った表情に見える事が面白く、とても感動しました。

また、別の展示では、似たような名前を持つ面や、一見同じ形に見える面を
くらべる様に並べ、その違いの解説から、能面の奥深い特質を知る事が出来る方法の展示になっており、お能初心者の私には、とてもわかりやすく、面白い展示でした。

能装束の展示も美しく、次にお能を観られる機会には、理解を深めてくれそうな、役立つ解説がうれしかったです。

特別展示されていた「歌舞伎衣裳ー名優たちの名場面ー」の展示。

大好きな歌舞伎の役者さん達の先代や先々代などの名優の着用した
「由緒衣裳」と、それを着用した名優の舞台写真も展示され、
とてもたのしめました。

,