カテゴリー: お仕事

  • 『出世商人』シリーズ完結

    『出世商人』シリーズ完結

    一昨年秋から刊行されている、千野隆司先生の書き下ろしシリーズ『出世商人』の文庫カバー挿画を担当させて頂いて来ました。 明日5/10(火)に発売の第五巻がシリーズ完結の最終巻に。 何者かに殺害された白砂糖の振り売り。 砂糖 […]

  • 『ランティエ』6月号連載小説挿絵<最終回>

    『ランティエ』6月号連載小説挿絵<最終回>

    挿画を担当させて頂いている、角川春樹事務所のPR誌『ランティエ』で連載中の、柴田よしき先生の時代小説「あんの悲しみ」。 6月号(5/1発行)に掲載の第7回の今回は最終回。 最終回の挿絵には、苦しい生活の中、どんな食べ物で […]

  • 『ランティエ』5月号連載小説挿絵<第6回>

    『ランティエ』5月号連載小説挿絵<第6回>

    挿画を担当させて頂いている『ランティエ』で連載中の柴田よしき先生の時代小説「あんの悲しみ」。 5月号(4/1発行)に掲載の第6回の挿絵には、深川のおいとさんの店で、新しく働いている、おえんとおきみに、おやすと政さん、おい […]

  • 『イラストレーションファイル2022』発売

    『イラストレーションファイル2022』発売

    昨日、3/31(木)に、玄光社さんより『イラストレーションファイル2022」が発刊されました。 私は今年も上巻に掲載頂いております。   お仕事お待ちしております。 よろしくお願い致します。

  • 『ランティエ』4月号連載小説挿絵<第5回>

    『ランティエ』4月号連載小説挿絵<第5回>

    挿画を担当させて頂いている『ランティエ』で連載中の柴田よしき先生の時代小説「あんの悲しみ」。 4月号(3/1発行)に掲載の第5回の挿絵には、十草屋の台所で清兵衛さまの為の料理を作る、お小夜さまとおやすの姿を。 『ランティ […]

  • 『アサヒ芸能』連載小説挿絵<最終回>

    『アサヒ芸能』連載小説挿絵<最終回>

    挿画を担当させて頂いて来た、徳間書店の週刊誌『アサヒ芸能』に掲載の、澤田瞳子先生の短期集中連載「いずれ菖蒲と~京都鷹ヶ峰御薬園日録~」。 今週2/22発売号に掲載の第六回で最終回を迎えました。 最終回の挿絵には、金生樹を […]

  • 『アサヒ芸能』連載小説挿絵<第五回>

    『アサヒ芸能』連載小説挿絵<第五回>

    徳間書店の週刊誌『アサヒ芸能』に掲載中の、澤田瞳子先生の短期集中連載「いずれ菖蒲と~京都鷹ヶ峰御薬園日録~」の挿画を担当させて頂いています。 今週2/15発売号に掲載の第五回の挿絵には、急ぎ足を運んだ山本塾で、届く珍しい […]

  • 『研ぎ師人情始末』シリーズ完結

    『研ぎ師人情始末』シリーズ完結

    稲葉稔先生の「原点シリーズ」『研ぎ師人情始末』シリーズ。 一昨々年の秋から二年半にわたり隔月刊行されている、決定版の文庫カバー装画を担当させて頂いて来ました。 本日2/15(火)に光文社文庫2月の新刊として発売の『故郷が […]

  • 『アサヒ芸能』連載小説挿絵<第四回>

    『アサヒ芸能』連載小説挿絵<第四回>

    徳間書店の週刊誌『アサヒ芸能』に掲載中の、澤田瞳子先生の短期集中連載「いずれ菖蒲と~京都鷹ヶ峰御薬園日録~」の挿画を担当させて頂いています。 一昨日(2/8)発売号に掲載の第四回の挿絵には、鵺を退治した源頼政が、女房菖蒲 […]

  • 『ランティエ』3月号連載小説挿絵<第4回>

    『ランティエ』3月号連載小説挿絵<第4回>

    挿画を担当させて頂いている『ランティエ』で連載中の柴田よしき先生の時代小説「あんの悲しみ」。 3月号(2/1発行)に掲載の第4回の挿画には、摘み草に行った山の山頂から、品川の海を見る、おやすととめ吉の姿を。 『ランティエ […]