虎屋の若葉陰〜江戸の金魚のお話し〜

IMG_0549
水の中を美しい彩りで泳ぐ金魚は、涼を呼ぶ
夏の風物詩。

その様を見事にお菓子に
表現した、「虎屋」の
『若葉陰』と言う季節の
生菓子の存在を知ったのは、まだ十代だった頃の事ですが、ずっと食べてみたいと思いつつ、夏のひと月のみの販売時期を毎年逃し続けていました。今年もあやうく今月末の販売終了になる直前に思い出し、はじめて入手。

透明に澄んだ寒天の中に浮かぶ金魚がかわいらしく、水色の器に入れてあげると、ほんとうに水の中を泳いでいる様です。味も、しっかりした食感の琥珀部分の品のいい甘さは、さすがの虎屋さんでした。

太田記念美術館「没後一五〇年記念 歌川国貞」展図録より
太田記念美術館「没後一五〇年記念 歌川国貞」展図録より

金魚は室町時代には中国から渡って
来ていた様ですが、江戸時代初期までは、一部の富裕層の愛玩動物でしかなかったものが、宝暦(1751~64)の頃には、金魚を売る露店が出るほど、江戸の庶民の間で大流行したそうです。

虎屋の若葉陰は初出年が大正7年(1918)となっていますが、金魚をかたどったお菓子というと思い浮かぶ、江戸時代後期の浮世絵師・歌川国貞(三代豊国)の「誂織当世島 金華糖」という浮世絵には、金華糖という、水で練った砂糖を型に入れかたどり、着色した金魚のかたちの駄菓子が描かれています。
IMG_0557

夏を感じさせる金魚は、昔も今もいろいろなかたちで人々に愛される風物詩
だったのですね。

同じく夏の代表的な風物詩である『向日葵』のお菓子も彩り美しく美味しい
お菓子でした。