「芸術祭十月大歌舞伎」

IMG_2854歌舞伎座で上演中の「芸術祭十月大歌舞伎」昼の部へ千穐楽の昨日、行ってきました。

今月の歌舞伎座昼の部は文化庁芸術祭参加公演で日印友好交流を記念した新作歌舞伎『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』の通し狂言。

面白そう!!と思いつつ、予定が立て込んでおり、行けないかも?と思っているところへ、歌舞伎好きの先達の友人二人それぞれに、凄く面白くて良くできた新作歌舞伎だったから、ぜひ観に行くべき!!と勧められ、なんとか千穐楽の日に都合をつけられ、行ってまいりました。

古代インドの神話的叙事詩「マハーバーラタ」を原作とした新作歌舞伎。

mahaabaa友人のお勧め通り、上手く歌舞伎の様式にまとめあげながらも、随所に現代的で新鮮な舞台美術や、竹本や長唄にパーカッションが加わった一味違う不思議な音楽と、叙情詩らしいセリフまわしなどに、古代インドらしさが感じられる内容。

単純な善悪、愛憎だけでない普遍的な人間の姿を描いた壮大な物語に仕上がっていました。

大詰めの大立廻りはダイナミックで見ごたえがあり、爽快!!

戦車や大旗を使った現代的な舞台美術は斬新で壮観でした。

凛々しく大活躍する菊之助さんの迦楼奈(かるな)に、どっしりとした存在感で締めてくれる菊五郎さんの仙人 久理修那(くりしゅな)と、七之助さんの鶴妖朶(づるようだ)王女の悪女ぶりがとても良く、特に印象に。

再演されたらぜひまた観たい、すてきな新作歌舞伎でした。

すてきな舞台をぜひ観に行くべき!!と勧めてくれた友人二人に感謝。