月: 2016年3月

  • 『イラストレーションファイル2016』発売

    『イラストレーションファイル2016』発売

    「イラストレーションファイル2016」が玄光社さんより発売されました。 私は今年も上巻に掲載頂いています。 お仕事お待ちしています。 よろしくお願い致します。

  • きものでお出かけ・ほたるぼかしの羽織

    きものでお出かけ・ほたるぼかしの羽織

    先週末の「夜桜の会」へは、薄藤木枯色のほたるぼかしの小紋の羽織で出掛けました。 一枚きりしか持っていない羽織は、濃茶色のむじな菊柄。春らしい色合いの羽織が欲しくて、極少ない持参している着物に合わせやすそうなこの小紋に、肩 […]

  • 「夜桜の会」

    「夜桜の会」

      一ツ橋にある如水会館の日本料理「橋畔亭」で、現代名工・鈴木直登先生の「夜桜の会」のお料理を戴きました。         鈴木先生のお料理は、江戸に関するお話しを伺いな […]

  • 『小説新潮』4月号挿絵

    『小説新潮』4月号挿絵

    新潮社『小説新潮』4月号・時代小説特集に掲載の植松三十里先生「流人富士」のタイトルイラストを描かせて頂きました。 遠島に処された旗本が、罪の意識と父との確執の重い気持ちを 優しく厳しい自然の島の生活の中、家族と友人との暖 […]

  • すずの最中と器

    すずの最中と器

    名前に「鈴」の字が入っているからか、鈴をモチーフにしたものに目を惹かれることが度々。 百貨店の味百選展の催事場で鈴形の最中を見つけました。 博多の鈴懸さんという創作和菓子のお店の鈴乃最中というお菓子。 餡が挟まれた状態で […]