柳井の民芸品・金魚ちょうちん

IMG_0367一目惚れして、柳井の民芸品
「金魚ちょうちん」をお取り寄せ(?)しました。

このおどけた顔のかわいい金魚ちょう
ちんは、幕末のころ、青森の「ねぶた」をヒントに、伝統織物である「柳井縞」の染料を使って作られたのだそうです。

毎年8月上旬から一斉に、江戸時代からの商家が建ち並ぶ「白壁の町並み」に、この金魚ちょうちんが飾られ、夜は灯りが入れられ、とても幻想的な風景になるとのこと。

明日13日は金魚ちょうちん祭りです。

いつかこの金魚ちょうちんの飾られた町並みと、江戸中期に柳井木綿として
全国に名を馳せ、近年伝統芸として復活されたという「新生柳井縞」を見に、柳井の町へ行ってみたいな。