『ランティエ』11月号連載小説挿絵<第2回>

anmago2_k角川春樹事務所のPR誌『ランティエ』11月号(10/1発行)。

先月号の10月号から、柴田よしき先生の時代小説シリーズ第4弾「あんのまごころ」の新連載が始まり、ひきつづき挿画を担当させて頂いています。

第2回目になる今回からは、挿絵を。

おやすがおちよの為に買いに行った西瓜売りの店先で、医者の幸安先生に声をかけられる場面を描かせて頂きました。

 

幸安先生との話しに、おやすはこれからの激動の時代をどう生きていくのでしょうか?

政さんの心に残る大きく深い傷や、おちよの切なすぎる現実に、心を痛め、寄り添いながら、自身の料理の道に真摯に取り組んで行くおやす。

今回も、惹きつけられ、夢中で読み進めてしまい、つづきが待ち遠しくてたまらなくなる、すてきな一話です。

『ランティエ』のサイトはこちらです。↓
http://www.kadokawaharuki.co.jp/rentier/

挿絵の拡大画像は<時代物Works>のページでご覧頂けます。

前回の「あんのまごころ」については、こちらをご覧下さい。↓
『ランティエ』10月号連載小説挿絵<新連載>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>