うすべにと京ふうせん

IMG_5052

十代の頃からの好物のお菓子、京都の老舗菓子司・末富さんの「うすべに」と「京ふうせん」。

 

 

 

IMG_5038特に好物な「うすべに」は、薄い麩焼き煎餅で、甘さと塩味のバランスがほどよい梅あんを挟んだお干菓子。

しゃりっとした歯触りで、ほのかな梅の酸味が残るこのお菓子。

 

梅の実の熟すこの頃に、より美味しく感じます。

IMG_5045もうひとつのお気に入り、ふわっと軽く小さな麩焼に色とりどりの蜜が塗られた「京ふうせん」。

ぽんとひとつ、口に入れるとすっと溶けて、もち米を焼いた香ばしさと蜜の甘さが、懐かしくやさしい風味のお菓子。

 

IMG_5039

 

 

池田遙邨のブルーの包装紙も美しく、いつ食べても美味しくて飽きのこない、きっとこれからもずっと大好きなお気に入りのお菓子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>