投稿者: yukarisuzuki

  • 『ランティエ』5月号連載小説挿絵<第6回>

    挿画を担当させて頂いている『ランティエ』で連載中の柴田よしき先生の時代小説「あんの悲しみ」。 5月号(4/1発行)に掲載の第6回の挿絵には、深川のおいとさんの店で、新しく働いている、おえんとおきみに、おやすと政さん、おい […]

  • じゃばらドリンク

    和歌山県の奥熊野原産のじゃばら。 柚子や九年母などの自然交配種で、酸味と苦味が特徴の柑橘、と聞き、好みそう!!と、はじめてドリンクで戴いてみました。 じゃばらの果汁とてんさい糖だけて作ったというドリンクの素を水で3〜5倍 […]

  • 『イラストレーションファイル2022』発売

    昨日、3/31(木)に、玄光社さんより『イラストレーションファイル2022」が発刊されました。 私は今年も上巻に掲載頂いております。   お仕事お待ちしております。 よろしくお願い致します。

  • にしんそば

    好物のにしん蕎麦。 年末に家庭用を求められる機会があり、今年の年越し蕎麦は、はじめて京都のやぐ羅さんのにしんそばに。   お出汁と甘辛の身欠きにしんがとてもおいしくて、また食べたい!!と思っていました。 春告魚 […]

  • 板あめ

    榮太樓さんのブランド「あめやえいたろう」の板あめ。 ストロベリー味を戴いたことがあり、その食感と風味に惹かれ、その他の味も味わってみたい!!と思っていました。 ちょうど初めての週刊誌の短期連載の挿画のお仕事が終わった先月 […]

  • 『ランティエ』4月号連載小説挿絵<第5回>

    挿画を担当させて頂いている『ランティエ』で連載中の柴田よしき先生の時代小説「あんの悲しみ」。 4月号(3/1発行)に掲載の第5回の挿絵には、十草屋の台所で清兵衛さまの為の料理を作る、お小夜さまとおやすの姿を。 『ランティ […]

  • はまぐり寿司

    今日3月3日は上巳の節句。 予約していた赤坂の有職さんのはまぐり寿司を戴きます。 ちらし寿司をはまぐりを模した玉子で包んだ、春らしくてかわいらしいお寿司。 海老と烏賊のすり身を合わせた玉子はふんわりと甘く、鯛の焼身に蟹、 […]

  • 『アサヒ芸能』連載小説挿絵<最終回>

    挿画を担当させて頂いて来た、徳間書店の週刊誌『アサヒ芸能』に掲載の、澤田瞳子先生の短期集中連載「いずれ菖蒲と~京都鷹ヶ峰御薬園日録~」。 今週2/22発売号に掲載の第六回で最終回を迎えました。 最終回の挿絵には、金生樹を […]

  • 招き猫

    今日、2月22日は猫の日。 そして今年の2022年と合わせると「2」が6つも並ぶ、鎌倉時代の1222年以来800年ぶりの、スーパー猫の日なのだそう。 ということで?!うちの招き猫さんをご紹介?! 筑前・津屋崎の土人形工房 […]

  • 『アサヒ芸能』連載小説挿絵<第五回>

    徳間書店の週刊誌『アサヒ芸能』に掲載中の、澤田瞳子先生の短期集中連載「いずれ菖蒲と~京都鷹ヶ峰御薬園日録~」の挿画を担当させて頂いています。 今週2/15発売号に掲載の第五回の挿絵には、急ぎ足を運んだ山本塾で、届く珍しい […]