『ランティエ』12月号連載小説挿絵<新連載>

ankana_k_16bg挿画を担当させて頂いている、角川春樹事務所のPR誌『ランティエ』に掲載中の柴田よしき先生の連載時代小説『お勝手のあん』シリーズ。

先月号で第5シーズンの「あんの夢」が最終回を迎え、今月12月号(11/1発行)から、第6シーズンの「あんの悲しみ」がスタート。

ひきつづき挿画を担当させて頂きます。

新連載の第1回目は、このシーズンを通して使って頂く扉画を。

深川のおいとさんの煮売屋での料理修行から、品川の旅籠「紅屋」に戻ったおやすの新しくなったお勝手での姿を。

タイトルにある、おやすの悲しみとは?

大人になって行くおやすに、どんな悲しみが待っているのか、とても気になる新シーズンのスタートです。

大好きなこのシリーズ作品。

一読者としても、毎月のお話しをたのしみに挿画を描かせて頂きます。

『ランティエ』のサイトはこちらです。↓
http://www.kadokawaharuki.co.jp/rentier/

挿絵の拡大画像は<時代物Works>のページでご覧頂けます。

「あんの夢」<最終回>については、こちらをご覧下さい。↓
『ランティエ』11月号連載小説挿絵<最終回>

,