着物地の洋服

IMG_3086アーティストでデザイナーの伊東純子さんが主催するオリジナル洋服ブランド「un:ten」(アンテン)さんの「着物地の洋服」の販売&受注会で、素敵な着物地の洋服に出会いました。

着物地の洋服と聞くと、失礼ながら少し垢抜けない感じのご年配のご婦人好みのデザインをつい思い浮かべてしまいますが、アーティストである伊東さんのセンスに掛かれば、全くそれとは違う素敵な作品では?との期待通り、と言うより期待以上に洗練された素敵なデザインに生まれ変わった着物地の作品の数々が展示されていました。

IMG_3095私がお持ち帰りさせて貰ったのは、紺に赤い四角絣の銘仙のトップス。

シンプルな様でとても洗練されたデザインが、この銘仙の生地と柄を引き立てていて、着物地と言わなければわからない様な魅惑的な素材感を醸し出しています。

そのままはもちろん、カーデガンを羽織ったり、長袖のインナーの上に着たりと、着こなしのアドバイスも貰い、着やすく生まれ変わった素敵な「着物地の洋服」を生活の中で気軽に、けれどお着物の様に長く大切にたのしませて貰えそうです。