「肉筆浮世絵ー美の競艶」展

IMG_1655上野の森美術館で開催中の「肉筆浮世絵ー美の競艶」展へ行って来ました。

美人画がほとんどの展示の中で、豊国の『絵本時世粧』を元に描かれているという「時世粧百姿図」のシリーズに惹きつけられます。

版画で量産される浮世絵に対して、一点物である肉筆浮世絵は、大変貴重とされているものですが、私は「浮世絵」という「当代の風俗を描く風俗画」という部分に惹かれているからでしょうか?

改めて、絵師、彫師、摺師のそれぞれのセンスと技術によって完成される、浮世絵版画の魅力を再認識することも出来ました。

けれども肉筆浮世絵ならではの、精緻に描かれている衣装の文様には、目を惹かれるものが。

実はこの展覧会、すでにこの展示を鑑賞した友人から招待券を貰って行ったのですが、その友人が気に入ったり、気になった作品についての話しを聞いてから見たので、「この娘が気に入ったと言っていた娘さんだな?」とか「ああ、言っていた絵はこれだ!!なるほど言う通り!!」などと、デザイナーである友人の鋭く新鮮なセンスを確認しながら鑑賞することとなり、とても面白い肉筆浮世絵鑑賞になりました。

たのしい鑑賞の機会をくれた友人に感謝。

,