「團菊祭五月大歌舞伎」夜の部

IMG_1043今月の歌舞伎座は
「團菊祭」。
まずは友人と夜の部へ。

一幕目は、河竹黙阿弥の「慶安太平記」。
松緑さんの丸橋忠弥の、酩酊したふりのお芝居が、とても良かったです。
捕物の場の立廻りは、とても軽快で見応えあり、たのしい!!

続く二幕目には、海老蔵さんが一昨年の「ABKAI」で復活させたという歌舞伎十八番「蛇柳」。
幕切れに、花道から金剛丸照忠の姿となって、蛇柳の精魂を舞台へと押戻す海老蔵さん。
浮世絵からそのまま出た来た様な姿に、荒事っていいな、と爽快な気分に。

IMG_1041そして、本日いちばんのお目当ての「め組の喧嘩」。
菊之助さんの藤松の艶のある男の色気にときめき。
なんと言っても、菊五郎さんの辰五郎はかっこいい!!
江戸っ子の意気や風俗が伝わり、「世話だんまり」や七五調のやりとりに、「辰五郎内」では辰五郎と妻子の別れにほろりとさせられ、大詰めの大立廻りに興奮する、ほんとうにたのしいお芝居。

IMG_1044
幕間のお弁当は、お気に入りの鶴亀いなり。

歌舞伎の面白さ満載の演目揃いの「團菊祭」に、一緒に観劇した友人と共に、大満喫大満足の夜でした。

,