装幀画のお仕事

sekigoe1徳間書店から発売された、
澤田瞳子先生の
『関越えの夜』の装幀画を
描かせて頂きました。

東海道を行き交う人びとの悲喜
こもごもを描いた連作集です。

装幀画はその中の一作である、表題作の1シーンをイメージして描かせて頂きました。
表紙と裏表紙を見開くと1枚の繋がった絵になる様に描きました(裏表紙と見開き状態の画像は、「時代物Works」のページでご覧頂けます)。
とてもきれいに装丁デザインして頂き、光栄です。

心に染みるすてきな作品ばかりの連作集です。
嬉しいお仕事、ありがとうございます。

『関越えの夜』装幀の拡大画像は<時代物Works>のページでご覧いただけます。

,