『ランティエ』7月号連載小説挿絵<第4回>

aoi4_g『ランティエ』で連載中の柴田よしき先生の時代小説「あんの青春 葵のころ」。

7月号(6/1発行)に掲載の第4回の挿画は、風邪をひいて寝込んでいた奥向き女中のおちよの小部屋に、炊いたおかゆを持って行ったおやすと、おかゆに箸をつけるおちよを。

お小夜さまや、芸者の春太郎さんとのひさしぶりの再会や、今後の展開もたのしみで、心が熱くなり、温まる最後に、希望と勇気が貰える、今回もとてもすてきなお話し。

『ランティエ』のサイトは、こちらです。↓
http://www.kadokawaharuki.co.jp/rentier/

挿絵の拡大画像は<時代物Works>のページでご覧頂けます。

前回の「あんの青春 葵のころ」については、こちらをご覧下さい。↓
『ランティエ』6月号連載小説挿絵<第3回>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>