木綿でグループ展在廊・イカットの名古屋帯

IMG_3567先日参加した「PEACE CARD 東京原画展」。

毎回原画展に作品出品しているイラストレーターたちが、当番制で在廊する事になっており、同じ当番時間になったイラストレーターさんと、親しくお話しさせて頂ける機会にもなり、たのしみのひとつに。

今回は、以前にお当番をご一緒させて頂いた際に、とても素敵なお着物姿でいらして、ちょうど私も着付けを始めたばかりの時だった事もあり(その時私は洋服でしたが)、とりわけたのしくお喋りさせて頂いたイラストレーターのMさんとご一緒の当番、と搬入時に知り、ぜひぜひお着物でご一緒にお当番致しましょうよ!!とお誘いしての当番。

当番仕事もある事と、帰りに友人とインドカレーを食べに行く約束があったので、働け、汚れを気にしないでいい様、木綿絣の組み合わせで。

絵絣の久留米絣にイカットの手織の名古屋帯。
帯揚げは葡萄鼠の縮緬に、栗皮茶の冠組帯〆で。
銀製の煙管の根付に、汗かきでこの時期も欠かせない扇子は、パープルの麻のポケット扇を指して。

IMG_3574ポリエステルで格子レースのベージュの着物カーディガンを羽織りました。

Mさんは、素敵なモダン柄の黒地の大島に、綺麗な灰藤色の生紬地にこちらもモダンに描かれた薔薇の染帯。

シックでモダンな組み合わせがよくお似合いで、粋な着姿がとってもすてき!!!
Mさんのセンス溢れる作品と通じる様な、素敵な着こなしです!!

この日はうれしくありがたいことに、多くのお客様にいらして頂け、ギャラリーはお客様が途切れることがほとんど無い状態。

空き時間にゆっくりMさんとお喋り、の時間がほとんど持てなかったのは少し残念でしたが、お着物でお当番をご一緒出来て、とてもうれしくたのしいひとときを過ごさせて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>