月: 2022年2月

  • 『アサヒ芸能』連載小説挿絵<最終回>

    『アサヒ芸能』連載小説挿絵<最終回>

    挿画を担当させて頂いて来た、徳間書店の週刊誌『アサヒ芸能』に掲載の、澤田瞳子先生の短期集中連載「いずれ菖蒲と~京都鷹ヶ峰御薬園日録~」。 今週2/22発売号に掲載の第六回で最終回を迎えました。 最終回の挿絵には、金生樹を […]

  • 招き猫

    招き猫

    今日、2月22日は猫の日。 そして今年の2022年と合わせると「2」が6つも並ぶ、鎌倉時代の1222年以来800年ぶりの、スーパー猫の日なのだそう。 ということで?!うちの招き猫さんをご紹介?! 筑前・津屋崎の土人形工房 […]

  • 『アサヒ芸能』連載小説挿絵<第五回>

    『アサヒ芸能』連載小説挿絵<第五回>

    徳間書店の週刊誌『アサヒ芸能』に掲載中の、澤田瞳子先生の短期集中連載「いずれ菖蒲と~京都鷹ヶ峰御薬園日録~」の挿画を担当させて頂いています。 今週2/15発売号に掲載の第五回の挿絵には、急ぎ足を運んだ山本塾で、届く珍しい […]

  • 『研ぎ師人情始末』シリーズ完結

    『研ぎ師人情始末』シリーズ完結

    稲葉稔先生の「原点シリーズ」『研ぎ師人情始末』シリーズ。 一昨々年の秋から二年半にわたり隔月刊行されている、決定版の文庫カバー装画を担当させて頂いて来ました。 本日2/15(火)に光文社文庫2月の新刊として発売の『故郷が […]

  • 『アサヒ芸能』連載小説挿絵<第四回>

    『アサヒ芸能』連載小説挿絵<第四回>

    徳間書店の週刊誌『アサヒ芸能』に掲載中の、澤田瞳子先生の短期集中連載「いずれ菖蒲と~京都鷹ヶ峰御薬園日録~」の挿画を担当させて頂いています。 一昨日(2/8)発売号に掲載の第四回の挿絵には、鵺を退治した源頼政が、女房菖蒲 […]

  • ゆず茶

    ゆず茶

    最近のお気に入り、木頭柚子のゆず茶。 お湯で割って飲んだり、お匙で掬ったそのままを温かい紅茶や日本茶のお供にしたり、トーストにのせたりしてたのしんでいます。   農薬や化学肥料不使用の木頭柚子のゆず茶で、おいし […]

  • 『ランティエ』3月号連載小説挿絵<第4回>

    『ランティエ』3月号連載小説挿絵<第4回>

    挿画を担当させて頂いている『ランティエ』で連載中の柴田よしき先生の時代小説「あんの悲しみ」。 3月号(2/1発行)に掲載の第4回の挿画には、摘み草に行った山の山頂から、品川の海を見る、おやすととめ吉の姿を。 『ランティエ […]

  • 『アサヒ芸能』連載小説挿絵<第三回>

    『アサヒ芸能』連載小説挿絵<第三回>

    挿画を担当させて頂いている、徳間書店の週刊誌『アサヒ芸能』に掲載中の澤田瞳子先生の短期集中連載「いずれ菖蒲と~京都鷹ヶ峰御薬園日録~」 昨日(2/1)発売号に掲載の第三回の挿絵には、永光尼が辻談義で語る、三十三間堂の後白 […]