『読楽』7月号連載小説挿絵<第6回>

omomi6_k

明日7/10(土)発行の徳間書店の文芸PR誌『読楽』7月号に掲載の、あさのあつこ先生の連載時代小説「おもみいたします」の扉イラストを担当させて頂いています。

第6回の扉には、お梅と、お梅の「先生」尻尾のない白茶の天竺鼠の姿を。

「先生がうるさくて、とお梅は笑っているが、時折見せる彼女の硬い表情にお清は戸惑う。表情の裏にあるのは?」

 

書店などでお手に取って頂ける機会がございましたら、ぜひご覧頂けると光栄です。

扉画の拡大画像は<時代物Works>のページでご覧頂けます。

前回の「おもみいたします」の挿絵については、こちらをご覧下さい。↓
『読楽』6月号連載小説挿絵<第5回>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>