『読楽』2月号連載小説挿絵<新連載>

dokuraku_p本日2/10(水)発行の徳間書店の文芸PR誌『読楽』2月号(表紙イラストレーション:ササキエイコさん)より連載開始のあさのあつこ先生の時代小説「おもみいたします」の扉イラストを担当させて頂きます。

一昨年6月の『日刊ゲンダイ』での、1ヶ月読み切り連載の際に挿絵を担当させて頂いた「おもみいたします」。

その続編の挿絵を今回も担当させて頂けることになり、とてもうれしく光栄です。

 

omomi2_k_g新連載第一回目の扉には、主人公の揉み屋のお梅に、お梅の相棒?の犬の十丸と、お梅を助ける新登場人物のお筆さんとお昌ちゃんを。

「人に揉み治療を施すのが、お梅の生業。
お梅に治療をしてもらうには早くて半年以上というが、ぎりぎりな状態にある瀬戸物屋のお内儀をお梅は放っておけず・・・・・。」

前回の連載で、魅力的な主人公と登場人物と、深い心状表現に惹き込まれ、大ファンになってしまった「おもみいたします」。

一読者としても毎月のお話をたのしみにしながら、扉を描かせて頂きます。

扉画の拡大画像は<時代物Works>のページでご覧頂けます。

前回の「おもみいたします」挿絵については、こちらをご覧下さい。↓
『日刊ゲンダイ』連載小説挿絵
『日刊ゲンダイ』連載小説挿絵<第一週>
『日刊ゲンダイ』連載小説挿絵<第二週>
『日刊ゲンダイ』連載小説挿絵<第三週>
『日刊ゲンダイ』連載小説挿絵<最終週>
『日刊ゲンダイ』連載小説挿絵・全19点掲載致しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>