『ランティエ』2月号連載小説挿絵<第5回>

anmago5_k『ランティエ』で連載中の柴田よしき先生の時代小説「あんのまごころ」。

2月号(1/1発行)に掲載の第5回の挿画は、おしげさんの提案に、驚くおちよと、よろこぶおやすの姿を。

おちよの問題に心を寄せるおやすと紅屋の大人たち。

おやすやおちよを囲む大人たちの現実的なやさしさが温かく心に沁み入ります。

政さんの度量の広い温かさに、こぼれそうな涙を飲み込む、健気で一途なおやすの姿に、こちらの涙はこらえ切れることが出来ず、胸に熱い思いがこみ上げて来る、今回もすてきな一話。

『ランティエ』のサイトはこちらです。↓
http://www.kadokawaharuki.co.jp/rentier/

挿絵の拡大画像は<時代物Works>のページでご覧頂けます。

前回の「あんのまごころ」については、こちらをご覧下さい。↓
『ランティエ』1月号連載小説挿絵<第4回>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>