『ランティエ』6月号連載小説挿絵<第3回>

aoi3_g『ランティエ』で連載中の柴田よしき先生の時代小説「あんの青春 葵のころ」。

6月号(5/1発行)に掲載の第3回の挿画は、いよいよ「むら咲」の女料理人・おみねさんから謎解きに渡された、ひょうたんの黄色い粉を使って、おやすが思いついた料理を作り、味見をしている場面を。

おやすの作り出した、今ではお馴染みのあの料理。

作っている途中の湯気や、それに混ざったおいしそうな香りまでもが漂って来るよう!!

その後の展開も、おいしそうでおいしそうでたまりません!!

おみねさんのこれからと、おやすの紅屋でのこれから、そして二人がまた出会うことは?と、二人のこれからも気になりながら、今回も心温まるすてきな一話でした。

『ランティエ』のサイトは、こちらです。↓
http://www.kadokawaharuki.co.jp/rentier/

挿絵の拡大画像は<時代物Works>のページでご覧頂けます。

前回の「あんの青春 葵のころ」については、こちらをご覧下さい。↓
『ランティエ』5月号連載小説挿絵<第2回>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>