『オール讀物』2月号カット絵

IMG_4531
文藝春秋の小説誌『オール讀物』(表紙絵は蓬田やすひろさん)で、毎号の巻末に、月替わりで五人の作家の先生方が<おしまいのページで>と題した随筆を寄稿されているエッセイページのカット絵を1/22発売の2月号から一年間担当させて頂きます。

 

 

 

 

IMG_4536
私のカット絵のテーマは、月ごとの歳時記や風物詩、ということで、2月号は節分の福豆と柊鰯を。

随筆は村松友視先生の「フライの謎かけ」。
とてもおいしそうで面白い、魅力的なエッセイです。

『オール讀物』さんで描かせて頂くのは初めてで、大変光栄でうれしいお仕事です。

月替わりでご登場の先生方の随筆を拝読させて頂けることを、一読者として毎月たのしみにさせて頂きます。

「豪華絢爛 時代小説特集」の今月号。
ぜひ書店でお手にとってご覧下さい。

『オール讀物』のサイトはこちらです。↓
http://www.bunshun.co.jp/mag/ooruyomimono/

カット絵の拡大画像は<時代物Works>のページでご覧頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>