「江戸の園芸熱」展

IMG_3923たばこと塩の博物館で開催中の「江戸の園芸熱〜浮世絵に見る庶民の草花愛〜」展へ行って来ました。

現在の墨田区横川にリニューアル移転してからの、たばこと塩の博物館を訪れるのは、今回が初めて。

以前の渋谷の公園通りの時の様に、所用の際に度々博物館前を通る、などという機会がなくなってしまったからか、リニューアルした博物館にも行ってみたい!!と思いながら、こんなに時が経ってしまいました。

IMG_3924今回の特別展は浮世絵で、庶民の園芸愛がテーマ。

四季折々の花の名所での行楽や、縁日や植木売りから鉢植えを求めたり、それを家の軒先に飾りたのしむ園芸好きの江戸の人々の姿を描いた浮世絵の数々。

その他にも草花モチーフの団扇絵やおもちゃ絵も。

 

そして「役者と園芸」と題したコーナーでは、三代目尾上菊五郎が、大の園芸愛好家であったことから、芝居絵や役者絵が充実した展示に。

園芸テーマの浮世絵展とばかり思っていた、歌舞伎好き、特に当代の菊五郎さんの大ファンの私には、うれしい内容。

それだけ歌舞伎が江戸時代の庶民に人気があり、浮世絵には、歌舞伎と役者は、なくてはならないものだったということなのだな、と再認識しました。

IMG_3969常設展示の、渋谷公園通りの頃から変わらぬ、江戸時代のたばこ屋や、懐かしい昭和のたばこ屋さんなどの展示もゆっくり味わい、ミュージアムショップで、珍しいたば塩関係の商品を見入ったり、街場で見かけなかった資料を買い込んだりと、ゆったりと居心地よく、新しい博物館をたのしませて貰いました。

次回の浮世絵展と、その他にも魅力的な特別展の際に、また訪れるのをたのしみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>