お針道具はお気に入りで〜七夕のお話し〜

IMG_3203江戸時代には五節句のひとつとされた七夕。

織姫と彦星が、七月七日の夜の年に一度だけ、鵲(かささぎ)の橋渡しで天の川を渡って、再開出来る、という星伝説は、いまも良く知られた七夕のお話し。

その織姫の星、織女星(しょくじょせい)にお供え物をして祀り、裁縫の上達などを祈る、中国に古くから伝わる行事と、日本古来の、神様に衣を捧げるために機を織る、棚機つ女(たなばたつめ)への信仰が習合して生まれたのが、日本の七夕と言われています。

そんなことから、江戸時代の女の子たちは、裁縫や機織りの上達を短冊に書いて願ったのだそう。

裁縫と言えば、特に得意とも好きとも言えない私。
着付けをする度に、つい、しなければ「ならない」と、面倒に思ってしまう半衿付け。

不得手なことにこそ、やる気を出したり、技術のなさを補うための道具は大事!!との思いで、お針道具は良いもの、かわいいものを揃えて来ました。

IMG_3194

 

九谷焼のお猪口に二越ちりめんで作られたお針山は、かわいさでやる気を誘ってくれます。

IMG_3198

 

肝心の針は、京都三條本家のみすや針。
きぬ糸用ともめん糸用。
布通りと弾力の良さが素晴らしく、それまで使っていた針とは全く違う使い心地に、はじめはびっくりしたほど。

IMG_3197

 

まち針も縫い針同様の布通りと弾力で使いやすく、4色のガラス玉がかわいらしいです。

IMG_3196

 

 

 

菊一文字の握りばさみは、元刀匠の技術が基の、鋭い切れ味がさすがで、一生ものとして大切に使い続けていきたい品。

 

やっぱり不得手なことにこそ道具が大事!!と、優秀なお針道具に助けてもらい乍ら、今夜は織姫さまに、お裁縫の上達を願ってみましょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>